スマホを利用している場合は、故障する可能性もあるので修理の知識について知っておく必要があります。どのような時に修理しなければいけないのかなど知っておきたい知識をお話していくので、スマホを利用している人は見てくださいね。

スマホの修理が必要な状態とは

水に濡れて電源が落ちた場合

スマホの画面を常時見ていないと落ち着かないという人は少なくないでしょう。また、SNSなどで自分宛にメッセージが送られたとき、すぐに返信しないと人間関係のトラブルにつながるので、チェックしないわけに…

勝手に電源が切れる事が多くなる

スマートフォンの壊れ方としてよくあるのは、手に持って使っているときにうっかり落としてしまい、その衝撃で壊れたというものです。しかし、スマホはパソコンなどと同じ電子機器なのでパーツの経年劣化などで故…

スマホの修理についての知識

自分で無理に修理しない事が大事

あまりお金に余裕がないとき、うっかり手に持っていたスマホを滑らせてしまい、コンクリートなどの堅い床に落として壊してしまったり、トイレなどに水没させてしまうと修理費の捻出に困ります。こういう場合、自…

Read Now

スマホの補償サービスに加入しておく

スマートフォンをヘビーに使っていると故障の可能性が高くなりますが、そこで加入しておくと安心なのが各キャリア(携帯電話会社)が提供している端末補償サービス(格安で端末交換や修理を行えます)です。端末…

Read Now

スマホの修理には時間が必要になる事も多い

精密機器のスマホは、素人が自分で修理できない場合も多いです。ですので、スマホを修理したい時には、修理業者に依頼をして直してもらうのが一般的です。ただ、スマホ修理は故障内容によって、何日も時間がかか…

Read Now

Xperiaの修理にかかる時間

Xperiaは構造や故障の原因が複雑であることから、Xperiaの修理にはある程度の時間が必要になります

液晶に不具合が起きた場合

液晶はどのような壊れ方をするのか

スマートフォンを使い続けていると液晶に不具合が出ることがあります。たとえばどのような症状があるかというと、まず画面の上下方向にまっすぐな線が表示されてしまうというトラブルが挙げられます。一本だけのこともあれば、複数の線が表示されることもあり、再起動などを試しても回復することはありません。この不具合はパソコン用のモニターでもよく発生するもので、自然に治るのは望めないので修理に出した方がいいでしょう。 また、スマホを落としたときに、液晶が画面に染み出るような感じになってしまうこともよく起こります。液晶とは名前通りに液体であり、スマホを落としたショックでパーツが壊れると流れ出してしまうことがあるのです。こうなると普通に操作するのは難しいので、やはり修理を依頼した方がいいでしょう。

本体の交換か液晶部分のみの交換修理になる

では、液晶に不具合が起きて修理に出した場合、どういった形で戻ってくるのでしょうか。まず、メーカーに修理依頼を行った場合は、液晶部分をピンポイントで直すのではなく、スマホ本体の交換という形になるかもしれません。液晶の修理には手間がかかりますし、費用もかかるので、本体ごと交換した方がメーカーにとっては楽だからです。交換になった場合、元々使っていたスマホに保存されていたデータは取り戻せないので、修理に出す前にバックアップしておきましょう。 オフィシャルではない形でスマホ修理を行っているショップに預けた場合は、液晶部分のみの交換修理が行われることになります。この場合、使われるパーツはメーカーの純正品ではない可能性があるので、修理後はメーカー保証の効力は失われることになります。

© Copyright iPhone Liquid Damage Repair. All Rights Reserved.