水に濡れて電源が落ちた場合

表面についた水を拭き取る

スマホの画面を常時見ていないと落ち着かないという人は少なくないでしょう。また、SNSなどで自分宛にメッセージが送られたとき、すぐに返信しないと人間関係のトラブルにつながるので、チェックしないわけにはいかないという人もいるでしょう。ただ、いつもスマホを手に持って使っていると落としやすくなります。スマホは薄くて軽く、また思いのほか手に持つと滑りやすいからです。落とした先がコンクリートやアスファルトであればガラスの破損などにつながりますし、水だったら水没につながっています。
では、水の中に落としてしまい、拾い上げたら電源が落ちていた場合はどういった対処をすればいいのでしょうか。まず、最初にやることは表面の水分をタオルなどで拭き取ることです。タオルを持っていなければ応急処置的に着ている服で拭うのもありでしょう。

電源を入れるのはNG

逆にやってはいけないのは、電源ボタンを押して起動させることです。水没後に電源が落ちてしまったのを見ると、壊れているかどうかを確認したいという気持ちがはやり、電源を入れたくなるものですが、内部に水が入り込んでいた場合にショートを誘発します。スマホの基板がショートしてしまうと基板を交換修理しない限り電源は入りませんし、また、メモリに保存されていたデータを退避するのも難しくなります。
もし、焦って電源ボタンを押して起動したとしてもそのまま使い続けるのはやめてすぐに電源を切り、修理に出すようにしましょう。というのは水没直後に電源が入ったとしても、水分をすべて除去しないといずれ内部に入ってパーツを腐食させ、最終的に壊れてしまうからです。

© Copyright iPhone Liquid Damage Repair. All Rights Reserved.